目指せ外壁塗装マスター

外壁塗装についての情報が満載

外壁塗装にはいくつか吹き付け方法があります

外壁塗装にはいくつか吹き付け方法があります 外壁塗装の吹き付けにはいろいろなメリットがあります。
例えば刷毛やローラーなどを使わずに、きれいに仕上げることが可能です。
複雑な模様や重厚感ある雰囲気に仕上げることができ、立体感などの多彩なデザインにアレンジすることができます。
塗膜の品質を均等することができるので、多くの膜厚をつけることができます。
補修跡などが分かりづらくなったり、仕上がりの特徴として重厚感を長く維持することが可能です。
広範囲における塗装を短時間で行うことができ、施工を速く完了することができます。
その分コストを抑えることができるので便利です。
外壁塗装に行う吹き付け工法にはいくつか種類があり、リシンやスタッコなどの仕上げ材を利用する場合は下塗り塗料を吹き付けてから、仕上げを行う流れになります。
仕上げの際、リシンの場合は細かな石を混ぜ、スタッコの場合は石灰に大理石や砂などを混ぜた物を塗料に混ぜて施工することが可能です。
表面がザラザラとした仕上がりになるでしょう。
タイルの場合は下塗り塗料を付けてから玉吹きし、ローラー塗りを併用するケースもあります。
玉吹きは立体感が出るよう作業することで、見た目がきれいになり耐久性がアップします。

吹き付けによる外壁塗装のデメリットとは?

吹き付けによる外壁塗装のデメリットとは? 外壁塗装を吹き付けで行う場合、塗料を霧状にして均等に美しく塗っていることができるのが大きな魅力です。
しかし、それに反してデメリットもあります。
まず、大量の塗料が噴き出てくるので、経験が未熟の場合色ムラができてかえって汚くなってしまうことがあることです。
同じように塗っているつもりでも、光の加減によって色ムラが出てしまうこともあります。
また色が飛び散ってしまい、塗ってはいけないところに塗料が付いてしまうこともありえます。
それを防ぐためにマスキングを行いますが、その手間に時間がかかったり、マスキングが不十分だと色が入り込んでしまうこともあります。
さらに、通常色ムラにならないように数回に分けて重ね塗りをしていきますが、その分時間がかかってしまうということもデメリットと言えるかもしれません。
しかし、吹き付けによる外壁塗装の最大のデメリットは、やはり細かな部分を塗ることが苦手であるということでしょう。
まったく塗ることができないというわけではありませんが、慎重で丁寧な作業が要求されます。
裏側に回り込んでいるような箇所も苦手です。
そのため吹き付けだけでなく、細かい部分は筆塗りも併用して行っていきます。

古来から外壁塗装に用いられる漆喰と新しい塗料

外壁塗装は、一般的にアクリルシリコン合成樹脂やなどの化学塗料を用いた塗装が主流ですが、現在では太陽の光を効果的に利用しラジカル制御するハルスや光触媒を使用したハイブリッド塗料に加え、日本古来から外装塗装に用いられて来た漆喰も人気です。
漆喰は、主成分の水酸化カルシウムに収縮防止の為の食物繊維の「すさ」や接着力と保水力を高める「海藻のり」などを用途に合わせて添加物を混ぜる事が可能な点が特徴であり、モルタルなどの下地に熟練した技術を持つ左官屋が丁寧に塗りあげて仕上げます。
この外壁塗装は、壁に使用される際には3mm〜5mm程度の薄塗りで仕上げるのが一般的ですが、モルタルなどの下地に直塗りする際には10mm〜20mm前後の厚塗りで外壁材の繋ぎ目に隙間が生じない様に仕上げる塗料です。
この外壁塗装は、一般的な化学塗料に比べて速乾性が著しく劣っている事から乾燥に数日かかるデメリットがあり、化学塗料でありながら同様の風合いを実現した「ジョリッパシリーズ」や「グラナダシリーズ」などが大手メーカーから市販化されています。

外壁塗装で漆喰を使用する際に注意すべきデメリット

漆喰を外壁塗装に使用した場合、耐久性の強化をはじめとする様々なメリットが期待できますが、その一方でいくつかのデメリットがあるというのも事実です。
例えば、漆喰はその性質から、気温・雨風といった天候の影響を非常に受けやすいため、塗装された外壁には劣化による「ひび割れ」を起こすことがあります。さらに表面にひっかき傷がつきやすいという弱点を持ち、外壁塗装を施工した後の独特の匂いが気になるという声も多く聞かれます。
塗装後の乾燥にも時間を多く取らなければならないため、他の壁材と比べて施工時間が長くなってしまい、仕上げの作業にも熟練者の技術が必要なため、結果的に施工費用が高くついてしまう可能性もあります。
また、真っ白に塗装された外壁は汚れも目立ってしまう上、水分を吸収する「調湿作用」という性質から水分を含んだ汚れが外壁内部に染み込みやすく、早急に対処しないと汚れが落ちなくなってしまうため、日頃から細心の注意が必要です。

外壁塗装で納得できるメリットはいくつかあります

昨今では住宅の外壁にサイディングを使うことが増えているものですが、古い住宅で採用されているモルタルの外壁と同様に、自然に劣化を起こしてしまいます。
新築住宅であっても6年以上が経過すると外壁の表面に異変を感じることがあり、変色や汚れ、白い粉が付くなど何かしらの劣化を確認した場合、外壁塗装のタイミングと考えて間違いはありません。
外壁塗装は資金が掛かってしまうものなので躊躇してしまう方もいますが、実際にはお金を掛けても十分なメリットを感じることができます。最も重要でメリットの大きな要素は、耐水性を復活させることができるので、壁の内部に雨など水の浸水を起こしてしまうことが無くなります。
次に以前とは異なるカラーリングに外壁塗装をした場合、住宅の景観を大きく変えることができるので、リフォーム効果が抜群なこともあげられます。
一般的な外壁塗装においては、継ぎ目やサッシとの境界部分にシーリングを用いていることが多々ありますが、このシーリングも新しくすることもプランに入れているものなので、意外な部分からの浸水を起こさない環境にできることも施工する価値は十分にあります。

外壁塗装における不安な点は施工前に確認できるので安心です

外壁塗装が必要に感じた場合、不安を感じてしまう方も少なからず存在しており、料金の面と施工の面がメインになることが一般的です。
後から高額請求が来てしまっては問題に発展してしまうので、外壁塗装を行う際にはインターネットで使える一括見積サイトを利用する他、お住いの地域で評判の良い施工店に依頼をすることで問題は解消できます。見積もりはネット上で行っても、最終的には現地調査にて正式な計算を行っています。
その上で施工店側は見積書を発行するので、後から追加料金が掛からない施工店であれば問題はありません。施工内容においても不安を感じる方であれば、事前に作業工程を依頼する施工店に十分な確認を取ることが必要です。
確認すべき内容は、下塗り塗装を行うかどうかの点と、用いる塗料の種類を確認することがメインになり、特に用いる塗料はウレタン塗料以上であれば問題はありません。勿論施主側が更に上のシリコン塗料やフッ素塗料を希望する方法もあり、事前に全てを透明化することで安心できるのではないでしょうか。

外壁塗装に掛かる費用は各種条件で異なります

外壁が劣化をしたことで、外壁塗装を行うことは普通のことですが、気になる費用においては色々な条件をトータル的に計算した上で決まることが一般的です。
建て床面積で計算した上で、外壁の面積を大体把握できるので、この計算式を採用する施工会社は多い傾向にあります。一方で住宅街に位置する普通の2階建て戸建て住宅では、どのような家でも同じような坪数になるので、外壁塗装の会社側に掛かる経費や施工に掛かる経費などを条件にしたり、現地調査をした際には、足場の設置が簡単かどうかでも判断することはあり得ます。
普通の2階建て戸建て住宅では、平均の目安というものはあり、65万円から80万円程度が該当しています。この費用の差額においては、用いる塗料と作業工程での違いがあるので、施主側が決める塗料で違いが出ることが殆どです。
例えばアクリル塗装では60万円台で可能な範囲が多いのですが、ウレタン塗料やシリコン塗料になるとグレードの高い塗料になることから高額料金が掛かります。

外壁塗装についてもっと調べる

外壁塗装の詳細はこちら